美しい身体作り、健康な身体作りの鍵(その27)

毎日運動しないと気が済まない! という努力家さん。目標に向かって頑張っているうちに手加減抜きなトレーニングメニューになっていませんか? もし、下記の徴候が当てはまるなら、オーバートレーニング症候群かもしれません。体が十分に回復する時間を取らず、激しい訓練を続けるとストレスが貯まり、オーバートレーニングの徴候が現れます。

  • 常に疲れていたり、無気力に感じる。
  • パフォーマンスの成果が出ない、あるいは低下している。持久力、筋力の低下。
  • 体重が激減。
  • 休息中の心拍数が毎分5回増加している。
  • 運動への熱意を失ってしまった。
  • 気分が悪い、イライラ、落ち着きがない、落ち込んでいると感じる。

オーバートレーニング症候群の治療では、1〜2週間トレーニングを中止する必要があります。極端な場合には、1ヶ月以上の休息が必要な場合があります。体を動かすことが生き甲斐な人にとってはトレーニングを中止する方が気持ち的にはストレス。そうなる前にオーバートレーニング症候群を予防する方法を知っておきましょう。

  • 自分の体力、持久力、筋力を認識し、適切な運動量を守る。パーソナルトレーナーやコーチに相談し、フィットネスレベルを確認するのもお勧めです。
  • 筋トレや強度の有酸素運動を連日行う代わりに、ヨガやストレッチ、筋膜リリースなどのエクササイズを取り込み体の回復・再生を促す。こうした軽い運動は積極的休養と呼ばれ、リラックス効果も期待できます。
  • 睡眠時間をしっかりと摂る
  • バランスの良い食事をしっかりと摂る

運動は追い込めば追い込むほど効果が高い!というわけではありません。非現実的な追い込みよりも質と継続で成果があがります。自分の体を良く理解し、長く続けていけるようなスケジュールを工夫しましょう。

*これまでの記事で一緒に参考にしたいもの*

FBファンページ・インスタグラム にて、トレーニングのご紹介もさせていただいております。
Facebook.com/swetxy
instagram.com/azure.b

*ご自分の健康状態を考慮した上で運動を行いましょう。

SWETXY ベントリー葵

By SWETXY

ベントレー葵(ニックネーム:Azure アズーリ)が経営する『SWETXY』(スウェクシー)では、メトロ・アトランタを中心に個人の健康や体力、フィットネスの目的に合わせ、効果的なカリキュラムを提案し、指導している。コロナのパンデミックの影響でオンラインで指導することも多く、今は世界に活動範囲を広げている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です