新しいビジネスを始める際に、最初に行うの決定の1つは、法人形態の選択です。

一般的にほとんどの起業家は、株式会社(コーポレーション)または有限責任会社(LLC)を設立することを選択します。 LLCとコーポレーションの主な違いは、LLCは1人以上の個人が所有し、コーポレーションはコーポレーションの株主が所有することです。 どちらの形態を選択しても、ビジネスには大きなメリットをもたらします。

どちらの形態もビジネスに信頼性とプロ意識を確立することができ、有限責任のプロテクションを享受できるからです。 「クイック形態比較表」をご覧ください。

有限責任とは

有限責任は、個人資産を保護するというプロテクションのことです。あなたの個人的な財産や権利が 法人の債務や借金や義務から切り離されます。あなたの個人的な責任はあなたがビジネスに投資した金額以下であることを保証します。あなたの家、自動車、および他の個人資産が、あなたのビジネスによって発生した借金を返済するために使用されないということです。

有限責任保護がなければ、あなたの財産は訴訟や破産の後に、企業の借金を返済するための担保として使用される可能性があります。事業体を形成することによって得られる最大の利点の1つです。

LLCとコーポレーション:税法

コーポレーションとLLCの最大の違いの1つは、LLCの場合は課税方法を事前に任意に選択できることです。

LLCとコーポレーション:事業所有権

所有権は、LLCを設立するか企業を設立するかを決定する際に考慮すべき重要な側面です。各形態の所有権の構造は非常に異なり、それぞれに明確な目的があり、ビジネスに適した形態を選択する必要があります。

LLCとコーポレーション:管理について

LLCは柔軟な管理構造を持っています。LLCは、そのメンバーまたはマネージャーのグループによって管理でき、どのメンバーもLLCのマネージャーとしてLLCを管理できます。 LLCはまた、事業の所有者と管理者を区別しないことも規定できます。 LLCの管理は柔軟であるため、形式的ではなく、一部の起業家にとって理想的な形態といえます。

LLCとコーポレーション:正式な要件

企業とLLCはどちらも、事業体が設立された州によって保守され 報告の要件を満たす必要があります。これにより、事業は良好な状態に保たれ、設立によって取得された有限責任保護が維持されます。すべての州には、コーポレーションとLLCの両方を管理する独自の規則と規制がありますが、コーポレーションには通常、LLCよりも多くの必要要件があります。

LLC とコーポレーション:法的な不一致

LLCと企業はどちらも、法的保護に関しては所有者に利益をもたらしますが、両者の間には違いがあり、法廷制度による見方にも違いがあります。

次回は、それぞれの項目についてさらに詳しくご説明いたします。

**起業に関するご質問は尾崎まで**

By 尾崎真由美

フロリダ州のマイアミにオフィスを構える会計士です。アメリカでのタックスリターン、会計、会社設立のサービスを行なっています。全州、全ビザに対応し、目的に応じて各種パッケージもご用意しています。