所有権は、LLCを設立するか企業を設立するかを決定する際に考慮すべき重要な側面です。各形態の所有権の構造は非常に異なり、それぞれに明確な目的があり、ビジネスに適した形態を選択する必要があります。
 コーポレーションは株式を発行し、事業の一部を株主と呼ばれる所有者に売却することができます。これらの株主は、株式を譲渡したり、より多くの株式を購入して会社の大きな割合を所有したり、株式を売却して所有権を減らしたりすることができます。あなたのビジネスが外部の投資家を募りたいのでしたら、コーポレーションは最良の形態といえます。また、株式会社は所有者とは別に永久に存在します。つまり、所有者が会社を辞めたり、会社から離れたりしても、会社は存続します。

有限責任会社(LLC)は、メンバーがいくらLLCに資本投資したかに関係なく、その所有権をメンバーに分配する自由を持っています。

LLCのメンバーが他のメンバーほど多くの資本を投資していない場合とは、つまり LLCの運営規定は、すべてのメンバーが利益の平等な分配を受け取ることを指定することができます。ビジネスの所有権を確立する際の柔軟性が高まります。

LLCは、外国人の個人、他の企業、またはあらゆる種類の信託が所有することもできます。これは、これらの要因が重要である特定のビジネスにとって正しい選択になります。

LLCの運営契約(Operational Agreement)には、メンバー間でメンバーシップの権利を譲渡する方法、およびメンバーがLLCを離れたときに何が起こるかについての詳細も規定されています。運営契約で定義されていない場合、メンバーがLLCを離れると、解散する必要があります。

管理について

LLCは柔軟な管理構造を持っています。LLCは、そのメンバーまたはマネージャーのグループによって管理でき、どのメンバーもマネージャーとしてLLCを管理できます。 LLCはまた、事業の所有者と管理者を区別しないことも規定できます。 LLCの管理は柔軟であるため、形式的ではなく、一部の起業家にとって理想的な形態といえます。

正式な要件

企業とLLCはどちらも、事業体が設立された州によって保守され 報告の要件を満たす必要があります。これにより、事業は良好な状態に保たれ、設立によって取得された有限責任保護が維持されます。すべての州には、コーポレーションとLLCの両方を管理する独自の規則と規制がありますが、コーポレーションには通常、LLCよりも多くの必要要件があります。

企業は毎年定時株主総会を開催する必要があります。これらの詳細は、会社の議事録と呼ばれるメモとして、文書化されて記録されます

企業も年次報告書を提出する必要があります。これは、州の法務局に登録されたステイタスを最新に保つのに役立ちます。事業におけるいかなる行動または変更も、取締役会との会議で企業決議に投票して決定する必要があります。

LLCは、企業のものよりも記録保持の要件が少なくなっています。たとえば、LLCは、議事録の保管、年次総会の開催、または取締役会の設置を義務付けられていません。 LLCに年次報告書の提出を義務付けている州もあれば、そうでない州もあります。 LLCに適用できる要件を判断するには、最寄りの法務局に確認してください。

法的な不一致

LLCと企業はどちらも、法的保護に関しては所有者に利益をもたらしますが、両者の間には違いがあり、法廷制度による見方にも違いがあります。

米国の歴史が始まって以来、企業は存在してきました。このため、法律上の企業は、法律が統一されるまで精通し、法律も発展してきました。米国の裁判所には、企業に関連する紛争や問題の解決を支援するために、何世紀にもわたる法の歴史に関する訴訟があります。これにより、企業の法的安定性が大幅に向上します。

有限責任会社はまだ比較的「新しい」形態です。LLCの実体は、1970年代に、企業および個人事業/パートナーシップの両方の形態のハイブリッド形態として最初に認識されました。この二重の性質により、LLCは両方の個人事業/パートナーシップ法人の特性を引き継ぎます。ただし、「新しい」法人であり、企業とパートナーシップの両方の特性を備えているため、LLCの扱いは州によって異なります。ほとんどの州には同様のLLC法がありますが、ある州の法人が、別の州ではLLCになることを選択する可能性のあるものもあります。近い将来LLC法は米国全体でより統一されるかもしれません。ほとんどの企業にとって、LLC法間のこれらの不一致は大きな問題ではありません。不一致がいくつかの決定要因になる可能性もあります。

まとめ

企業と有限責任会社の両方が、各形態が独自の利益を提供し、所有者を事業から分離し、資産に有限責任保護を提供します。

最終的に、どの形態があなたの目標に最も一致するかを決定することは、あなたのビジネスを形成するための重要な最初のステップです。

アメリカ国内のCPAに有料の相談をすることをお勧めします。長い目で見るビジネスは、時間をかけて最初のステップを決めることが大切です。

**起業に関するご質問は尾崎まで**

By 尾崎真由美

フロリダ州のマイアミにオフィスを構える会計士です。アメリカでのタックスリターン、会計、会社設立のサービスを行なっています。全州、全ビザに対応し、目的に応じて各種パッケージもご用意しています。