称:2022 World Games Low Point Tournament
日程:2022年7月14日(木)-17日(日)
会場:Birmingham Crossplex – INDOOR TRACK –
参加国:日本・アメリカ・ドイツ・カナダ・スイス・イギリス
プログラム:https://twg2022.com/sports/wheelchair-rugby/
チケット:https://am.ticketmaster.com/twg2022/WheelchairRugby

車いすラグビー日本代表チームは、2016年のリオパラリンピックで銅メダルを獲得、昨年、東京で行われた東京2020パラリンピックでも2大会連続の銅メダルを獲得しました。ハイポンターとローポインターのバランスが取れたチームで、東京2020パラリンピック以降は、若手選手も力を付けてきています。

先日、カナダ・リッチモンドで開催された2022 Canada Cupでは、世界の強豪チームとの激しい戦いの末、見事、金メダルを獲得いたしました。
この結果、世界ランキング1位となりました。

今大会では、東京2020パラリンピックで日本代表として活躍をした6人の選手含め、総勢8名のローポインター選手が参加し、5か国のチームと戦います。

普段の車いすラグビー競技とは違い、ローポインターズゲームは、障がいが比較的重い選手のみが参加するため、スピード感はあまり見られないものの、一つ一つのプレーをじっくりと見ることが出来る非常に魅力ある試合です。

まずは、現地会場へお越しいただき、そのプレーをご覧いただければ嬉しいです。そして、ぜひ、日本代表への応援をよろしくお願いいたします。

※ローポインターとは、比較的に障がいレベルの重い0.5から1.5クラスまでの選手です。
※車いすラグビーの選手は障害レベルにより、0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 3.5とクラス分けがされています。

By Sazan

サザン・ニュースはジョージア州アトランタ発進の日本語ニュースサイトです。15年続いたJ•Newsから一新、サザン・ニュースとして、アメリカ南東部の皆様に役立つ情報を日本語でご提供します。